株式会社こもれび 採用
株式会社こもれび 採用

1.内定から入社までの間に資格取得

普通科卒業の内定者も入社までに当社指定の学校で初任者研修を受講して頂きます。初めての社会人、少しでも自信を持ってスタートできるようサポートします。




管理者から一言・・

なんでも一生懸命で素直な坂本さん、わずかの間に利用者様からも信頼されています。これからもわからないことは何でも聞いて、いろんなことにチャレンジしていってください。


2.上手くいかなくても大丈夫

経験は成長への近道。まずはやってみることが大切!いろいろチャレンジしてたくさん経験してください。苦手に感じることはできないのではなく、やらないでいたから慣れていないだけです。たくさんやれば誰でもできるように私たちの仕事。


運営推進部 事業部長

特養勤務からこもれびへ、新規事業所の管理者としてたくさん失敗しながら今があります。机上の勉強でなく実際の体験からは学ぶことばかり。

これからもいろんなことに挑戦していきます。


藤岡事業部長

介護から少し遠ざかっていましたが、こもれびに来て小規模デイサービスの管理者、上里事業部長、いろんな体験をさせてもらっています。平成28年5月からは藤岡事業部の方でがんばります。


訪問介護こもれび管理者

訪問介護の管理者として学びの日々です。たくさんの方たちにご指導いただきながら、勉強の日々です。「何もしないで失敗しないより、チャレンジすることの方が大切」と言う社長の言葉どおり、チャレンジしてたくさん失敗しています。

 


3.最初は誰でも未経験者

最初から経験のある人はいません。少しずつ失敗を重ねながら経験を積んでいって経験者と呼ばれるようになります。少しずつゆっくり覚えていくのが一番の近道。経験よりも素直さを大切にします。

わからないことは聞くだけ。そして先輩スタッフがわかるまで教えます。

少しでも気になった方は是非ご連絡下さい。


2016年4月入社 

神部那奈子

初めての介護なので、いろいろ学んでからと思っていましたが、始めてみると、1人1人接し方も介助方法もまったく違うので実際にやってみないと覚えられないと思いました。

もちろんこれから技術の勉強もしていきますが、まずはコミュニケーションが大切かなと思います。少しずつ利用者様にも頼って頂けるようになりとてもうれしいです。

これからも「ありがとう」という言葉たくさん集めていきます。

 


4.こもれびの求める人材とは?

こもれびの求める人材とは「価値観」「行動」「経験」という3つのキーワードを重視します。

 

学生時代の部活動と同じで、同じ考えを持って同じ方向を向いてやるからこそ成果が出るのです。

それは会社も同じで、能力がある人よりもまずは価値観を共有できる人材を求めています。

 

頭で考えすぎて行動を起こせない人よりも、まずは失敗を恐れずに行動を起こし、チャレンジし続けられる人材を求めています。

失敗が多い人=チャレンジしている人という考えのもと、失敗の数を評価していきます。

 

介護は経験だけではありません。社会人になると理不尽な思いをすることは、学生時代よりも多くなります。理不尽な思いをすると、その分その人は成長できます。

学生時代から公私問わずに色々な体験・経験をしてきた人はそれだけで魅力的な人間です。


5.空いてる時間を活かしませんか?

60歳過ぎて活躍されている方もいます。年齢に関係なく経験者の方も初めての方も気軽にお問い合わせ下さい。能力や熱意も大切ですがそれ以上に価値観(考え方・方針)の共有を重視していきたいと考えています。当社の方針をお読みになって共感された方、是非一緒に働きましょう。

 

資格をお持ちでない方や取得を考えている方、また時間を活かしたいとお考えの方、業務内容や勤務時間もいろいろありますので是非御連絡おまちしています。103万以下、130万以下の扶養希望の方も大歓迎です。

 


6.ビジョナリーカンパニー目指して

100年後も存在する会社とは・・

 

カリスマ的な存在がいるわけでもなく、特別なノウハウがあるわけでもなく、かといって業種や時代の追い風を要因としない。

 そこにあるのは、一見不可能と思われ、その時代の課題に挑戦し、決して現状に満足しない企業文化。

 

変わらぬ理念を持ちながらも、常に自らに変化を課し、進化しようとする強い意志が存在し続ける会社のことです。  (第4期当社経営計画抜粋)